2007年10月28日

生産性運動三原則

(1)雇用の維持・拡大
 生産性の向上は、究極において雇用を増大するものであるが、過渡的な過剰人員に対しては、国民経済的観点に立って能う限り配置転換その他により、失業を防止するよう官民協力して適切な措置を講ずるものとする。

(2)労使の協力と協議
 生産性向上のための具体的な方法については、各企業の実情に即し、労使が協力してこれを研究し、協議するものとする。

(3)成果の公正な分配
 生産性向上の諸成果は、経営者、労働者および消費者に、国民経済の実情に応じて公正に分配されるものとする。


ダウンロードはこちら(PDF版)   
posted by 全国労働組合生産性会議 組織・広報部会 at 13:15| 生産性三原則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする